占い

就活は縁?実力?就活での縁をつかむための必要な6つのこと

 

【合格するコツ】

大事な忘れてはいけないこと。仕事を選ぶときにあくまでもあなたの欲望に忠実になって選択することであり、どんなことがあっても「自分を就職先に合わせよう」なとということを思ってはうまくいかない。やはりわが国の世界に誇れるテクノロジーの大部分のものが中小企業の小さな町工場で誕生していることは有名。給料面や福利厚生の面についてもしっかりしているなど、成長中の会社もある。

 

【退職の前に】

転職という、いわゆるこれまで何度も伝家の宝刀を繰り返し抜いてきた性格の人は、やはり比例して離転職したという回数も膨らむのだ。これと同時に一つの会社での勤続年数が短いことが目立つようになるのである。「私が現在までに積み上げてきた腕前や特殊性を武器にしてこの仕事に就きたい」といったように自分と突き合わせて、ついに面接相手にも納得できる力をもって響くのです。アルバイト・派遣をしてきて育んだ「職歴」を伴ってあちこちの企業に面接を何度も受けに行ってください。要するに就職も縁の側面が強いので面接を多数受けるのみです。新卒ではなくて就職を目指すならアルバイト、派遣でいいから、まずは「職歴」を作り、小さめの企業をめがけて面談をお願いするのが主な抜け穴なのです。

 

【ポイント】

第二新卒という最近よく聞くことばは「新卒で就職したものの3年以内に離職してしまった若者」のことを表す名称なのです。きっと最近は早期に退職してしまう者が急激に増加していることから、このような新しい表現が生まれたのでしょう。まさに今の会社を辞めて再就職することを計画したとき、「今の仕事よりも、もっと給料や条件の良い勤務先があるに違いない」というふうに、必ず一人残らず思ったこともあると思う。

 

【就職活動の知識】

例えば、運送の仕事などの面接試験のときに難関の簿記の1級の資格があることをアピールしても評価されないのであるが、事務職の人の場合は、高い能力があるとして評価されることになる。圧迫面接という高圧的な面接で意地の悪い質問をされたような時に、思わず怒ってしまう人がいます。気持ちに同調はしますが、思ったままを秘めておくのは社会的な人間としての最低常識なのです。アルバイト・派遣等の仕事で成し遂げた「職歴」をぶらさげて会社に面接を度々受けにでかけるべきです。やはり就職も宿縁の要因が強いので面接を多数受けるのみです。

 

【転職】

上司がバリバリならラッキーだけれど、仕事ができない上司ということであれば、どんな方法であなたの力をアピールするのか、あなたの側が上司をうまく誘導することがポイントだと思います。面接は数多くの面接の手法が取り入れられている。そこで、個人(1対1のいわゆる普通の面接)、集団での面接、合わせてグループ討論などを特に詳細に案内しているのでぜひ参考にしてもらいたい。それぞれの企業によって、仕事の仕組みや自分が望んでいる仕事もそれぞれ違うと感じていますので、面接の際に強調する内容は各企業により相違しているというのが勿論です。当然かもしれないが企業の人事担当者は実際の力を試験や面接で読み取って、「企業にとって必要で、そして活躍してくれそうな人物かどうか」、しっかりと審査しようとするのだ。そういうふうに思う。

ABOUT ME
subaru
初めまして、猫の陰陽師昴と申します。 名前が長いので、スバルと呼称して頂ければ幸いで御座います^^ 占い師が本職です。 宜しくお願い申し上げます。