占い

最終面接で尋ねられるのは?

 

新卒以外の人は「入社の望みがあって、職務経験も得られそうな会社」なら、まずは入りましょう。ほんの小さい会社だろうと気にしません。仕事で培われた経験と職歴を入手できればそれでいいのです。自己判断をするような場合の意識しなければならない所としては、曖昧な表現を使用しないようにすることです。抽象的すぎる記述では、採用担当者を説得することは困難なのです。当たり前だが上司が優秀な人なら幸運なのだが、優秀ではない上司だったら、今度はどうやって自分の仕事力を存分に発揮するのか、あなたの側が上司を管理することだって肝心。現在の勤務先よりもいわゆる給料や職務上の処遇などがより優れている会社が見いだせたとして、自ずから別の会社に転職を望むなら遠慮しないでやってみることも重大なことです。「裏表なく本音を言うと、商売替えを決心した最大の要因は収入の多さです。」こんな事例も多くあります。ある会社(外資系IT企業)の営業を担当していた中堅男性社員の例です。会社の方針に従えないからすぐに転職。所詮こんな考え方を持つ人にぶつかって、採用の担当部署では猜疑心を禁じえません。会社ならば1人だけの都合よりも組織全体の計画を先決とするため、往々にして合意できない人事異動がよくあります。疑いなくその当人には腹立たしいことでしょう。世間一般ではいわゆる最終面接で尋ねられるのは、それ以前の面接の際に聞かれたようなことと繰り返しになってしまいますが、「志望した要因」というのがずば抜けて多いようです。まさに未登録の番号や通知のない番号から電話が着たら驚いてしまう心理は理解できますが、ぐっと抑えてまず最初に自ら名前を名乗り出るべきでしょう。

【トラブルにならないために】

退職金があっても本人の申し出による退職の人は会社にもよるけれども、解雇されたときほどの額は支給されませんので、それまでに転職先が確実になってから退職するようこころがけよう。何と言ってもわが国の世界に誇れるテクノロジーの大多数が地方の中小企業の町工場で誕生している。想像よりも給与や福利厚生の面も充実しているとか、今まさに好調続きの会社もあるのです。「好きで選んだ仕事ならどれほど辛くても乗り切れる」とか「自分を進化させるために振り切って厳しい仕事を拾い出す」とかいうケース、度々耳に入ります。実は、就活のときには、ぜひ自己分析(自己理解)を経験しておくほうが後で役に立つと聞いて実行してみた。しかし、はっきり言って聞いた話とは違って全然役に立たなかったとされている。それなら働きたい会社とは?と言われたら上手く伝えることができないものの、今の勤め先に対して感じている不満については、「自分に対する評価が正当でなかった」と意識している人がずらっといるのである。

【応募する人のために】

電話応対は大切な面接試験であると意識して対応しましょう。しかし反対に見れば、採用担当者との電話対応とか電話のマナーがよいとされればそのことで評価が高くなるに違いない。

ABOUT ME
subaru
初めまして、猫の陰陽師昴と申します。 名前が長いので、スバルと呼称して頂ければ幸いで御座います^^ 占い師が本職です。 宜しくお願い申し上げます。